WiMAX

WiMAXのメリットとデメリット、WiMAXどんな人におすすめ?

WiMAX

WiMAXってどんなものなの?という方の為にWiMAXの簡単な説明と、メリットとデメリットを解説していきます。

WiMAXとは

WiMAXは携帯電話キャリアがサービスを提供している3GやLTEといった無線通信サービスと同じ移動体通信サービスの規格の一種です。

日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供しています。

UQコミュニケーションズ

WiMAXと他の携帯キャリアとの違いは音声通話ができるかどうかです、WiMAXは電話ができないまさにデータ通信専用のサービスになっています。

場所をとわずにインターネットができる

WiMAXのメリットはやはりいつでもどこでも好きな時にインターネットが利用できるというのが最大の特徴です。

スマートホンやタブレットのように携帯できる端末が多くなってきた今は外出先でインターネット接続することが多くなっています、そこでWiMAXを使えば回線速度もストレスなく使える環境が手に入るわけです。

最新のWiMAXの回線速度

WiMAXは今ではWiMAX2+と呼ばれる規格になっています、ワイマックスツープラスと呼ばれるこの規格は下りの最大速度が440Mbpsとフレッツ光のネクストハイスピード以上の通信速度になっています。

これなら外出先でもいつでも快適なインターネットを利用することができます。

WiMAXのデメリット

そんなWiMAXにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

電波が弱い

残念ながらWiMAXはその電波の性質から壁やビルなどの障害物に弱くなっています。

周波数が高いWiMAXは障害物で電波が弱くなる性質があります。

その点はこれから基地局が増えることで解消されていくと思います。

3日間10GB以上の速度制限

WiMAXにはデータ制限がないメリットはありますが3日間の間で10GBの制限はあります。

これは3日間でWiMAXを利用したデータ量が10GBを越えた場合速度制限がかかります、時間帯は18時から深夜2時までの期間なので外出する時間としては遅いため、あまり気にならない時間帯と言えますが規制がかかることは覚えておいたほうがいいでしょう。

WiMAXを選んだほうがよいのはこんな人

WiMAXを利用したほうがいい人はやはり常に外出先でスマホやタブレットを利用することが多い人でしょう。

専用ルータさえ持ち運べばいつでもどこでも快適にインターネットができるWiMAXはビジネスでも有効です、外出先で仕事のメールや資料の修正やアップロードなども頻繁に行うことが多い人にもWiMAXがおすすめです。

WiMAX比較サイト「セレクトWiMAX」

気になる方はWiMAXの比較サイトで一度、どんなものなのか覗いてみてはいかがでしょうか。